2016年入社 土木部 工事課
飛永 洋

 入社の動機としては、工業高校の土木科で学んでいた3年生の頃、担任の先生から二神組が求人を出したことを聞いて、二神組について調べたことが始まりです。それまで実は、二神組について知らなかったのですが、調ベてみると、大きな高速のインターも何個もつくっているし、トンネルも何個もつくっているし、施工実績に驚きました。素直に「すごいな」と思ったことと、会社が地元だったこともあり、面接を受けることを決めました。
 仕事の内容は現場施工管理です。納品された資材の品質、施工において一貫して管理を行なっています。
 私は今まで4現場に配属されているのですが、そのうち3現場が道路をつくる仕事なんです。道路をつくるといっても、何にもないところ、例えば元々田んぼだったところにつくる場合、古い道の前に構造物をつくって高さを上げたりと、色々なのですが、ただ、できた後と前では、景色が全く変わるんです。
この仕事は一人ではできる仕事ではなく、現場に取り掛かっているときはかなり大変なのですが、つくっているものが大きい分、後から着工前の写真を見た時はしみじみ「やっとできたな」と実感して大きな達成感が得られます。
また、完成した後も、道路などは、発注者さんからの検査があったりと、実は大変なのですが、現場の検査はもちろん、書類の検査にもパスした時は、やはり嬉しいです。
 これからの目標としては、第一に「こいつだったら任せて大丈夫」と言ってもらえるような人になっていきたいと思います。第二に発注者から表彰されるくらいの仕事をしたいと思います。きちんと管理をして、表彰されるくらいの確実な仕事をしていくことが目標です。最後に、一人で現場ができるようになることが目標です。入社して5年が経ちますが、まだまだ分からないことがあります。つくるものは同じでも、条件が違うので、先輩に「こういった場合はどうするんですか?」など聞くことも。二神組は、先輩がすごく後輩を大事にしてくれるんです。怒る怒られるではなくて、放ったらかしにしないというか。そういう時に入社して良かったと思います。