「市民のための技術集団」として、みなさまと共に未来へ

二神組の技術

二神組の技術

PP工法 RC橋脚巻きたて補強工法

Jacketing Reinforcement of RC Piers usingルlagnelinePCM

PP工法は、建築限界や河積阻害など施工が制約される場所で真価が発揮される増厚工法です。

鉄筋コンクリート(RC) の設計方法によって算定された補強効果は、「PPマグネラインで補強した橋脚の正負交番載荷試験(平成10年実施)」によって確認されています。

PP工法は、橋脚や水門の補強など、様々な制約条件下での耐震補強工法として多くの実績を残しています。

荷重変位曲線 正負交番載荷試験

PP工法の特長

  • 補強部の部材厚が薄くできるため、建築限界や河積阻害など制約下で威力を発揮します
  • 死荷重が小さいため、基礎への影響が少なくて済みます
  • 型枠が不要です
  • 橋脚形状寸法の影響を受けません
  • 補強と同時に耐久性も確保されます
  • 厳しい塩害環境下においても、表面保護工を併用する事で対応可能です

施工フロー

フロー図
  • 1下地処理

  • 2鉄筋組立

  • 3吹付け施工

  • 4施工完了

実績を見る

市民のための技術集団として、社会貢献に努めています。